コンテック,エレキット,真空管アンプ,6L6GC,6L6GC,TU-879R,TU−879R

6L6GCシングルステレオパワーアンプ TU-879R


         
2004年秋、限定販売されたレアモデルTU-879が、ユーザーからの熱いご要望にお応えして定番モデルとして発売。 コンパクトながらパワフルで、改造なしで出力管の差替えが可能。 真空管による音の違いを堪能できます。

¥42,985 (税込み・送料別)

出力管を差し替えて、自分好みの音色に

TU-879Rは改造することなしに、出力管をKT88、KT66、EC34(6CA7)に交換することができます。
(※差し替え用の真空管は取り扱っておりません。)
真空管アンプの醍醐味である出力管の違いによる音色の変化をコレ1台で楽しむことができ、自分好みの音色を追求していくことができます。
大型出力トランスを採用したパワフルサウンド

以前の同クラスモデルTU-874、TU-877よりも大型の出力トランスを採用。余裕のある音を約束します。
電源トランスは定評のある高性能トランス、R-コアを採用しています。
トランスの次に音質に影響を与えるコンデンサにもこだわりました。カップリングコンデンサにはポリプロピレンフィルムコンデンサ(※従来はポリエステルフィルム)を、また電解コンデンサはすべて低ESR品を採用し、過渡特性の向上を図っています。
デジタルに負けないクリアサウンドの追求
徹底したハム対策により、シリーズ最高のSN比が得られました。

シリーズ上級機に採用されている、π-MOS EFTによる電源リップルフィルタを更に改良して搭載しています。
初段管のヒーターはDC点灯です。
コンパクトなアンプでは、電源トランスと出力トランスの電磁結合によるハムノイズが発生しやすいものですが、2mm厚のシールドパネルを採用しハムノイズを抑えています。

飽きのこないシンプルなデザイン

エレキットの真空管アンプシリーズ共通のシンプルなデザインで、オーディオルームだけではなくリビングや書斎に置いてもピッタリです。
仕様一覧
使用真空管 6L6GC×2、12AX7(ECC83)×1
定格出力 8.5W+8.5W (8Ω負荷時)
適合スピーカ 3.2〜5Ω、6〜16Ω
残留ノイズ(8Ω負荷時) 0.26mV(WIDE)、0.035mV(IEC weighting)
SN比(8Ω負荷時) 90dB(WIDE)、107.5dB(IEC weighting)
周波数特性(-3db) 20Hz〜43kHz
入力抵抗 75Ω
定格入力 430mV
入力端子 ライン入力×2系統(RCAジャック/金メッキ)
電源 AC100V 50/60Hz
消費電力 70W
サイズ W154×H140×D400mm(突起部を含む)
重量 約6.5kg
外観
  
前面                   背面


側面



ご注文の前に、E-mailで見積もりを請求してください。
見積もり請求と注文方法はご注文の方法をご覧ください。
TEL 053-458-7068
コンテック 〒430-0925静岡県浜松市中区寺島町324


HOME PAGEへ    管球アンプ Topへ    衛星テレビ Topへ